村田蓮舫の二重国籍問題は、政治家としての資質の無さを曝け出すことに
なった。

指摘に対してとってつけたようなその場しのぎ発言を繰り返し、あげくには
被害者気取りで「悲しい・・・」だって。
最終的にはすべてのウソがばれ、しぶしぶ二重国籍を認める恥ずかしさ。
危機管理能力の無さを曝け出し、公人としての自覚もないことが明らかに
なった。

現在もまだ批判はくすぶっており、戸籍などのエビデンスを提示しろとの
要求もあるが、公人である政治家なのに「個人的なこと」と拒否する始末。
まあ、蓮舫のこのような態度に対しては、国民がきちんと判断するだろう。

ところが、一部その筋の方面からは「差別だ」「排外主義だ」とか、すり替え
論が出てきている。

典型的なのが神奈川新聞のデスクノートとかいうコラムだ。報道部の
石川学という記者が書いている。
「法的問題がないのに猜疑のまなざしを向ける。それをレイシズムという」
だってさ。バッカじゃないの?

最近は自分やそのシンパにとって都合の悪いことを指摘されると、何でも
「ヘイトスピーチ」だとか「レイシズムだ」、「差別だ」という風潮が出ている。
なんと便利な言葉だろうか。

確かに、行き過ぎた発言や罵詈雑言は戒めなければならないが、真っ当な
批判に対してまで、「ヘイトスピーチだ」「レイシズムだ」「差別だ」と言葉狩りを
行い、批判を封じ込めようとするはどうなんだろうか?

それを言論で勝負しなければならない新聞が堂々と行っている。
恥ずかしいと思わないのかね。