瀬戸内寂聴が、日本弁護士連合会のシンポジウムに寄せたビデオ
メッセージで死刑制度を批判し、「殺したがるバカどもと戦ってください」
と発言した。

「殺したがるバカども」は聞きようによっては、被害者のご遺族を指すよう
にも聞こえる。被害者側が厳罰を望むことは、ある意味当然だ。
死刑制度を批判するのは自由だ。反対でもなんでもいい。
しかし、被害者およびご遺族を愚弄するかのようは発言はいかがなものか。

こういう連中はよく「人権、人権!」と口にするが、その人権は専ら加害者
の人権であり、被害者には目も向けない。
「殺したバカども」のことはどう考えているのか?
「殺したバカども」を擁護するあまり、被害者感情を無視した暴言を吐いて
言い訳がない!

日弁連は、この暴言に対して
「死刑制度を含む国家の殺人のことであり、犯罪被害者へ向けられたもの
ではないと考えている。犯罪被害者への配慮がなかったことは、おわび
申し上げる」
だそうだが、日弁連が忖度して言う話ではない。瀬戸内は自ら説明しなけ
ればいけないのは当然だ。

日弁連が「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言を
出すこと自体も問題だが、こういうクズにコメントを出させることも問題だ。

人権は被害者であれ加害者であれ、守られなければならない。
しかし双方の人権がぶつかった時に、どちらを優先すべきかは考える
余地などない。

「人権、人権! 加害者の人権を護れ! 死刑反対!」などと言っていた
「人権派弁護士」が、いざ被害者側になった時、どういう態度を取ったかは
下記の記事を参照して欲しい。
(「日弁連の「死刑廃止宣言」はどこを見て言ってるのか?」参照)

瀬戸内寂聴は自ら謝罪せよ!
また、こんなヤツをありがたがってコメント出させる日弁連も同罪だ!