朝日新聞は自分たちの行状は、都合よく忘れる連中の集まりのようだ。

9月25日の社説「消費者訴訟 企業の姿勢、再確認を」読んで、爆笑して
しまった。

企業の商品やサービスで被害を受けた場合、個人で裁判を起こすのは
難しい面があるので、その時に個人に代わり消費者団体が訴訟を起こす
ことができる制度の運用が始まることに対しての社説だ。

朝日新聞は言う。
「企業側がとるべき対応ははっきりしている。要はごくまっとうな活動をし、
万一問題が起きてしまったら真摯に対応する。これに尽きる」
「自社のコンプライアンスのあり方を点検する良い機会ととらえ、足元を
固め直してもらいたい。」

何を偉そうに上から目線で言っているのか?
情報提供サービス業であるにもかかわらず、その情報が「ウソ」「捏造」で
固められ、それ以外にも事実を事実として報道しない。
まともな新聞とは呼べない代物じゃないか。

慰安婦捏造報道時の自社の対応をよく思い出せと言いたい。
「誤報」として、それを取り消したはいいが、謝罪のさの字もなかった。
しかも、書き出しが「読者の疑問にお答えする」だぞ。

こんな朝日新聞が他社に対して
「真摯に対応する。これに尽きる」
「足元を固め直してもらいたい」
だと? 何を言っているのか?

朝日新聞が他社に対して、どうこう言える立場にあるとでも思っている
のか? なんとおこがましく、恥ずかしい会社なのか。

朝日新聞が言えることは、「ウソ」を言うとオレたちみたいになるぞ!
じゃないの?(笑)