朝日新聞の先を見る目の無さには定評があるが、そんな朝日新聞が
未だに必死で民進党を応援している姿は、涙なくしては見られない(笑)。

8月28日の社説「民進党代表選 20年後の日本を示せ」には笑って
しまった。民進党の現状分析をするのはいいが、そこにはなぜか自民党
批判が紛れ込む。

民進党へ「これから20年後の日本の姿を描いてみたらどうだろう」と
提言する。しかし20年後に民進党は多分存在しないだろう。存在したと
しても、現在の社民党のように限りなく泡沫政党になっている。
(ついでに、20年後に社民党は間違いなく存在しない!!)

提言の中で、「人々が安心できる未来図を説得力をもって示せれば、
いま一度、国民の信を取り戻せるかもしれない」だってさ。
自衛隊廃止ですか? 非武装中立ですか? 共産党とくっついて国民
連合政府の樹立ですか?

現実の国際社会は朝日新聞の左翼路線では何も対応できないのは
明らかだ。このような中、何でも反対の社民党や共産党のようなことを
やっている民進党に、現実的な未来が描けるわけがない。

朝日新聞自身の20年後の存在すら危ういのに、民進党に提言する
暇があったら、自身の身の振り方を考えた方がいいだろう。
現実を見ず、「お花畑」を夢見る社民党の現状が、朝日新聞の近未来
である。

ところで、朝日新聞よ。蓮舫の二重国籍問題、ちゃんと批判しろよ(笑)。