経産省の敷地内に左翼団体が設置した「違法テント」の強制撤去が
行われた。当然のことである。遅すぎたくらいである。

なんと2011年から5年に渡り、国有地を不法に占拠していものだ。
当然のことながら最高裁でも撤去の決定をしている。
ちなみに、不法占拠の代償としての「土地の使用料」は、約3800万円が
未納となっている。早く払えや、クソ左翼。

ところで、こんな「違法行為」を擁護しているのが東京新聞だ!
「違法テント」のことを「許される民主主義的な権利の行使ではないのか」
とか言っていた。(「東京新聞は違法行為を擁護するクズ新聞!」参照)

クズ東京新聞
今回の強制撤去も不満タラタラで、なんとツイッターの政治部公式アカで
「不法占拠とした最高裁判決を受けた対応ですが、識者からは『政府に
都合の悪い主張の排除』との指摘もあります」
だってさ。本当にこんなことを言う「識者」がいるのなら、名前を出せと
言いたい。

まあ、識者の名を借りた東京新聞自らの主張であろう。

しかし、こうも堂々と「違法行為」を擁護するとは、何を考えているのか?
こういう新聞があるから、自分たちが正しいと思えば違法行為や暴力
行為も許されるみたいな左翼連中が暴れるんだ。

東京新聞も違法行為を繰り返す左翼連中も自覚がないようだが、こう
いうことをしているから、逆に一般国民からそっぽを向かれるのだ。
自分の首を絞めていることに気づかない愚かさ。

「違法行為」「暴力行為」を伴う反対運動が、幅広い支持を得ることは
絶対にない!!