リオ五輪の閉会式で安倍首相がマリオとなって登場した演出は、日本
国内のみならず、世界各国で概ね好評である。

しかし反安倍派の人々にとっては、批判するいいネタになっている。
そんな中、安倍嫌いツイートをした朝日新聞・今村優莉のツイートが
炎上。火消しのつもりの言い訳がまたひどくてさらに炎上という、恥ず
かしい状況になっている。

今村優莉の低レベルツイート
今村が安倍首相を嫌いなのはどうでもいい。朝日新聞だから。
なので、「うゎ・・・」と思おうが構わない。
しかし、その違和感とやらを的確に表しているのがリテラの記事だという。

何が書いてあるかと言えば
「2020年東京五輪がナチスドイツ下で開催されたベルリン五輪になる
可能性だってゼロではないだろう」

はぁ~??
左翼お得意のナチス、ヒトラー例え。レベルが知れる。

当然、こんな今村のツイートには反発や嘲笑の数々により炎上状態。
すると今村は「わたしはアスリートが出てくるのを楽しみにしてたから」
との言い訳。

ところが今村のTLを見ると、単なる安倍批判ツイートの数々をRTして
いる。つまりは、安倍首相を批判したくて最初のツイートしたのは明らか
なのだ。それなのに、「アスリートが」なんて取ってつけたような恥ずかしい
言い訳をする。
朝日新聞記者なんて、所詮この程度のレベル。

安倍首相を批判するなら、変な言い訳をせず批判し続ければいいのに。
そうすれば、多少は信念があるとか芯が通っているってなるのに。
恥ずかしい恥ずかしい今村優莉。

朝日新聞には、この程度のクズ記者ばっかりだ。