尖閣諸島に中国公船・漁船(偽装の可能性が大きい)が連日大挙押し
寄せてきている。明らかな日本主権に対する侵害である。

同様に、日本海に中距離弾道ミサイル「ノドン」を発射した北朝鮮に対する、
国連安全保障理事会の非難声明の発表が中国の横やりで見送られた。

国連の非難声明が実行力を持たないのは分かっているが、国際社会が
一致して非難することが重要なのだ。
国連常任理事国である中国の態度は、「国際の平和と安全」を担う安保理
常任理事国の態度ではない。

そんな身勝手な中国を一生懸命擁護しているのが朝日新聞だ。
紙面のみならず、アメリカからも発信している。
(「朝日新聞・林望の媚中嫌日記事」参照)

朝日新聞紙面からは、表面ズラだけ取り繕ったような、形ばかりの非難が
書かれることがあるが、その最後には必ず「日本は自重しろ」とか「対立を
煽るな」とか「中国に理解を示す必要がある」など、日本への要求が続く。

何を言ってるんだ?
中国の身勝手な行動に対して、なんで「理解」しないといけないんだ?

朝日新聞は社内で身勝手な振る舞いばかりして、迷惑をかけるバカな
社員に「理解」を示して処分もしないのか? そんなことで組織の規律が
守れるのか?

そっか、朝日新聞社員の犯罪率は、他社に比較して高いので諦めて
いるのか? それなら、自主廃業して消えてくれ。それが多くの国民の
要望だ!!