甲子園で行われている全国高校野球選手権の明徳義塾vs境高の試合で、
挟殺プレイの判定を巡って、朝日新聞記者の性根の悪さが明らかになった。

はっきり言えば審判の「誤審」。俺でも知っているルールだし。明らかな
タッチを見逃している。これにより、明徳義塾に1点が入った。

このプレイを巡って、朝日新聞記者(再雇用されたシルバー記者との噂)が、
人格を疑うツイートをした。

朝日新聞のツイート
このプレイを巡って、朝日新聞高松総局の公式ツイッターアカウントが
「馬淵、今度は審判買収か」などとつぶやいた。馬淵とは明徳義塾の監督。

この品性の欠けらもないツイートは、まもなく(30分くらい)削除されたが、
朝日新聞の言い訳がふるっている。
「問題のツイートは記者の私用スマートフォンから投稿されたもので、個人
アカウントでの私的な投稿を、誤って総局のアカウントから書き込んだ
可能性がある」
だってさ。

まったく本質を理解していない。
高松総局のアカウントだろうが、記者個人のアカウントだろうが、そんな
ことはどうでもいいことで、問題はその記者が審判の誤審を監督が犯罪
行為をしたかのように書き込んだことだ。

記者が明徳義塾や馬淵監督が嫌いだろうが、境高を熱心に応援していた
にしても、「審判買収か」などとツイートしていいはずがない。
単なる誹謗中傷だ。知性の欠けらもないばかりではなく、人間としての
性根の悪さを表している。人間のクズである。

朝日新聞はこんなクズ人間が記者をやっている、程度の低い新聞だと
いうこと。分かっていたこととはいえ、ここまでの低能がいるとは呆れる。

こんなクズ新聞を購読している人は、この程度の記者が書いている記事を
読んでいるんだということを、よく自覚した方がいい。
結論は簡単だ。即刻購読を止めなさい!!

ちなみに、暴言ツイートは当然のことながら削除されているが、翌日に
出した謝罪ツイートも、現在は削除されている。
なんてことはない、朝日新聞はこの件をなかったことにしようとしている
のだ。慰安婦捏造も含め、何の反省もない朝日新聞!