朝日新聞の林望は、東京都による尖閣購入計画や、日本政府による
尖閣諸島国有化に反対し、日本側が挑発して日中関係が悪化した。
悪いのは日本側だとする視点からの記事を書き続けている朝日新聞
反日記者だ。

米国大手シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の日本部が発信
したニュースレターが奇妙だと思ったら案の定だった。林の記事だ。
林はCSIS日本部に客員研究員として出向中だというのだ。

南シナ海のフィリピンと中国の領有権争いに関して、オランダ・ハーグの
仲裁裁判所が中国全面敗訴を言い渡した件では、
「中国はもともと受け入れないと、以前から決めていた」
「中国政府が国内のナショナリズムに配慮して対外的に強硬な行動や
言明をとるのはやむをえない面もある」
などと、中国の言い分を代弁している。

日本に対しては、
「日本はいまこそ中国の南シナ海での行動に理解を示し、中国抑止の
国際的な動きに加わらず、対中関係を改善すべきだ」
との趣旨の戯言を言っている。

「日本の南シナ海での軍事プレゼンスは日中両国間に深刻な緊張を生む」
「中国側は、日本は南シナ海問題に関与する資格はないとみなしている」
とか、中国の新華社の記事のようだ。

中国の行動に理解を示し、しきりに日本に自制を求める。
こんなバカなことを書いているのが林望だ。

なぜ朝日新聞にはこういう記者しかいないのだろうか?
南シナ海がすべて中国の領土だと言いたいなら、そう書けばいいでは
ないか? 尖閣諸島が中国の領土だと思っているなら、そう書けばいい
ではないか?

この林のニュースレターに関して、朝日新聞の見解を求めたいものだ。