先の参院選中に共産党の藤野保史政策委員長(当時)が、防衛予算は
「人を殺すための予算」と発言し、事実上の解任に追い込まれたことは
記憶に新しい。

これは藤野というか共産党の本音である。その証拠に、各地の共産党
関係から同様の発言や文書が出てきている。

しかし、これが国民の支持を得られない発言であることを共産党はよく
分かっている。だから志位は藤野を解任したし、取り繕いの発言をして
いる。

そんな共産党の本音は、その後も続々飛び出している。
代表的なのが愛知県議・下奥奈歩のツイート。

天皇陛下が譲位に関するご意志を自らメッセージでお示しになられた
ことに関して、「玉音放送?? 何年前かなぁ。ぞっとしてしまいます」
との暴言。

当然、批判の雨あられが降ってくると、元ツイートを削除したうえで、
志位の言葉を引用する形で
「高齢により『象徴』としての責任を果たすことが難しくなるのではないかと
案じているというお気持ちは、よく理解できます・・・」
と、とってつけたような本音隠しの媚発言。

当然、そんなあざとい発言はすぐ見透かされる。するとツイッターに鍵を
掛けてしまった(現在非公開)。

共産党は本音を堂々と言い続ければいいじゃないか?
共産党なんて、所詮国民政党でもなんでもなく、特定少数の党員とシンパ
で成り立っているだけなんだから。
なまじ、国民の支持を得ようなどと姑息なことを考えているから、こんな
惨めな姿をさらすんだ。