相模原市の障害者施設での事件は許し難いものだ。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方へお見舞い
申し上げる。

ところで、今回の事件で被害に遭われた方の名前を神奈川県警が非公表
とした。県警はご遺族からの強い要望と説明している。
これについて、朝日新聞の渡辺志帆という記者がバカなことを言っている。

「匿名発表だと、被害者の人となりや人生を関係者に取材して事件の重さを
伝えようという記者の試みが難しくなります」
と批判した。つまり、こいつは匿名発表というご遺族の意向より、自分たちの
報道の自由を侵害しているとでも言いたいようだ。

なんと傲慢な物言い。
誰がそんなものを求めているのか?
被害者の「人となりや人生」という美辞麗句のもと、プライバシーにまで踏み
込んで、二次被害を引き起こしてきた連中が言うんじゃない!!

それに、被害者の詳細を報じないと事件の重大性を報じられないのか?
記者の試み? 独りよがりな試みなんて、誰も求めていない!

批判の多さに驚いたのか、渡辺は
「被害者・遺族の意向を顧みないでいいとか、匿名では事件が軽くなると
言うつもりはありません」
と前言とは正反対のことを言い出した。さらには、
「報道被害を生まないよう十分気をつけつつ、社会で起きた事件を正確に
記録し人々に伝えようと努めています」

はぁ~っっっ????
慰安婦問題を捏造し、日本人全体に報道被害を与えた朝日新聞が何を
「報道被害を生まないように」だ!
在日韓国・朝鮮人犯罪を実名報道せず、通名でしか報道しない朝日新聞が
「事件を正確に記録し」だ!

朝日新聞記者としてのプライドか、
「とてもデリケートな問題ですが、議論が深まればと思います」
と、私は問題提起したのよ!的な偉そうな言い分まで。
アホか! 誰に議論しろと言ってるんだ? 社内でやれ!

こいつは本質的に勘違いをしている。
政治家など「公人」ならいざ知らず、一般人「私人」に対してまで、自分たちは
勝手に報道する権利があるとでも思っているようだ。
被取材者側が、それを望んでいないにも係わらずだ。

ご遺族の意向を無視した「記者の試み」とやらが成立する余地などない
ことすら気づかない傲慢さ。
被害者のプライバシー・プライベートにまで踏み込まなければ事件の重さが
伝えられないのは、おまえらに能力がないからだ。

報道の自由がぁ~! とか言うかもしれないが、報道に自由の裏には
「責任」が伴うのだ。その責任は一切無視して、自由という名の元に「捏造」
「ウソ」記事を垂れ流してきたのは朝日新聞ではないか!
その反面、「報道しない自由」を謳歌しているのも朝日新聞ではないか!

「報道被害を生まないよう十分気をつけつつ、社会で起きた事件を正確に
記録し人々に伝えようと努めています」
と言うのなら、それを紙面で実践してから言え!!!