社民党・福島瑞穂は自分が女性議員のトップと思っているようだ(苦笑)。
反日女性議員のトップというなら納得だが。

東京都知事選に立候補している鳥越俊太郎の応援演説で、福島瑞穂の
自尊心が爆発した。

「私は女性ですが、女性なら誰でもいいとは思いません。外は女装して
ても中身がタカ派の男性だったら意味がないじゃないですか!」
と、同じく都知事選に立候補している小池百合子を批判した。

小池百合子が「タカ派」かどうかはさて置き、女性議員は左翼であるべき
で、私のその典型よ。実力から言っても小池百合子は私の足元にも及ば
ない! とでも言いたいのかな。

聞きようによっては、ある種の差別発言でもある。女性に対して、中身が
男なんて言い回しは、普段こいつが言っている「人権!人権!」から
言えば、人権侵害・差別と言われても文句は言えまい。

先の参議院選でも見苦しい姿を見せていた福島瑞穂。
福島瑞穂が国会議員の椅子にしがみつくのは、慰安婦問題の捏造犯
だからだ。国会議員の身分がないと証人喚問などが提起される恐れが
ある。

あの朝日新聞が2014年に「誤報」を訂正したのは、幹部が国会に呼ば
れる恐れが出てきたからと言われている。
福島瑞穂も同じことに怯えているのだ。だから党首(吉田忠智)からの
要請をすべて無視し、なりふり構わない選挙戦を行ったのだ。

往生際が悪いヤツだ。こんなのに応援演説をさせている限り、鳥越の
当選もないだろう。まあ、鳥越は自身の問題(女性醜聞だけでなく)が
あるけど。

最後に、福島瑞穂は鳥越の「あの女」(小池百合子のこと)発言を批判
しないのか?? 相変わらずのダブスタだな(苦笑)。