参院選の開票速報番組を観て思ったこと。
一部番組の出演者は憲法改正の手続き(手順)を知らないの? という
こと。それと、あまりに国民を信用していないということ。

番組では、盛んに安倍首相が選挙期間中に憲法改正に触れなかった
ことを批判していた。まあ、朝日新聞も同様なんだけどね。

憲法改正を発議する前に信を問う気はないのか? (テレ朝・富川)
TBSの竹内という報道記者(ニュースキャスター?)も言っていた。
これが代表的な意見なんだけど、アホですか? と言いたい。

国会の3分の2で憲法改正が決まる訳ではないし、その後「国民投票」
という高いハードルがある。国民投票で問うのに、なんでその前に選挙で
問わないといけないの?

そんなに国民を信用していないのだろうか?
自分たちの意に沿わない発議があった場合、国民が支持しちゃうのでは?
なんて、今から心配してるの? だから発議自体をさせないようにしたい
ということ?

いづれにしても、国民をバカにした発言である。

テレ朝もTBSも、さらには朝日新聞も参院選の結果をどう考えている
のか? 悔しい気持ちは分からなくもないが、これが有権者の判断である。
民主主義における最高の意思決定である。
(朝日新聞は民主主義を否定しているので論外だが)

こういうメディアは、憲法改正が発議されたら、社を挙げて反対するんだ
ろうから、その時ガンバレと言いたい。
老婆心ながら言っておくが、自分たちが世論を作るみたいな傲慢なことを
言うなよ。自惚れもいいところだから。