参院選では自公が勝利し、改選過半数を超えた。民進党などの野党は
共闘で一部成果を見せたが、やっぱりの敗北だ。

それぞれの立場でいろんな意見があるだろうが、悔しさを社説に込める
しかないのが朝日新聞だ。
7月11日社説「自公が国政選4連勝 『後出し改憲』に信はない」

朝日新聞は言う。
「(首相は憲法改正について)選挙が始まったとたん、積極的な発言を
封印した。それでいて選挙が終われば、再び改憲へのアクセルをふかす。
こんな不誠実な『後出し』で実現しようというのだろうか」

有権者が改憲の是非のみで投票したとは思わないが、選挙結果は
れっきとした有権者の判断だ。朝日新聞が民主主義を否定している
ことはよく知っているが、格好悪いあがきでしかない。

朝日新聞は選挙のたびに、「投票率が低かったから民意じゃない」とか、
「民主主義は数の多寡では決められない」とか、盛んに民主主義を否定
しながら悪あがきを続けてきたが、もういい加減にしろということ。

野党が改憲を阻止すると盛んに言っていたこと。さらには民進党は
ポスターにまで「3分の2を阻止する」と書いていたことに、朝日新聞は
触れない。なぜ???

3分の2を阻止すると言っていた野党が敗れたということは大きな事実だ。
野党の言い分は否定されたということ。これを朝日新聞はどう考える?

朝日新聞は、これにより憲法う改正に進むのではないかと心配している
ようだが、憲法改正を最終判断するのは国民である。
朝日新聞が望むようになるもならないも国民の判断だ。

朝日新聞は余計な心配をせずに、きちんと新聞として「事実を事実と
して伝える」という使命を果たせ。今のように、捏造・隠蔽当たり前な
紙面作りをしているようでは、国民の信は絶対に得られない。

国民の「信」を得られない新聞が、偉そうに「信はない」なんて書くな!!