社説と言えば、その新聞の意見表明の場だ。ところが、朝日新聞は
書くことがないのか知らないが、スペースを埋めるだけの存在のようだ。
しかも論理も何もあったものじゃない、低レベルな文章。
それが6月28日の社説「参院選 与野党論戦 党首討論会をもっと」だ。

朝日新聞は言う。
「昨日までの世界と今日の世界が違って見えることがある。英国の欧州
連合からの離脱決定は、そんな出来事のひとつかもしれない」
「これまでの議論の前提が成り立ちにくくなるなかで、日本はどう向き
合うべきか」

こう前置きしたうえで、
「与野党のリーダーによる議論が必要だ。国会開会中なら予算委員会の
集中審議を開くべき場面だ」
しかし、参院選中なのでそうもいかない。だから
「テレビなどの討論会で各党党首が何を語るか、聞いてみたい」

ところが、
「自民党側が安倍首相の遊説日程などを理由に、公示前後の1週間に
実施するよう打診したという。選挙戦が本格的に始まった途端に、党首
同士の討論がなくなるのでは、何をか言わんやである」

世界情勢が変わるほどの出来事(英国のEU離脱)が起こっているの
だから、日本がどう向き合うか聞いてみたいと言うことだろう。
まあ、その気持ちも分からなくはない。

ところが、自分でこういう前置きをしたのにもかかわらず、朝日新聞論説
委員連中が聞きたいことは
「安倍首相は憲法のどこを、どう、なぜ変えたいのか。参院選後、政府は
安全保障関連法を具体的にどう運用していくのか」
だってさ。

はっ??
英国のEU離脱と日本の憲法論議に何の関係が?
英国のEU離脱と日本の安保法制議論に何の関係が?

英国とは何の関係もなく、ただ単に朝日新聞が争点化したいだけの
内容じゃないか。

なんてことはない。朝日新聞は英国のEU離脱がどうのとか、偉そうな
前置きを述べておきながら、実は自分たちが反対していることを、改めて
争点にしたいと言っているだけ。

さらには、安倍首相・自民党が党首討論から逃げているという「印象
操作」を併せて行っている。
いや、併せてではなく、朝日新聞の主眼は「印象操作」の方がメイン
かもしれない。

朝日新聞の論説委員連中は、こんな低レベルで本質をきれいごとで
隠したような「社説」しか書けないのか? 堂々と「憲法」と「安保法制」
が争点だと書けばいいのに。

あっ、この辺をはっきり書くと廻りまわって、お気にいりの民共連合が
「野合」だってバレちゃうからか。なるほどね。