朝日新聞6月26日の「日曜に想う」というコラムを編集委員・曽我豪が
書いていた。

曽我は言う。
「参院選2週間前なのに、全然盛り上がっていない」
「日本政治は結局何も変わらないのだという閉塞感が気になる」

「日本政治は結局何も変わらない」と言うが、本当にそうか?
ここ数年でドラスチックに変わったではないか?

旧民主党が何もできずに、日本は国力も経済も大きく低迷した。
自民党に政権が戻り(安倍首相になり)、デフレからの脱却が見えて
きた。アホが「トラストミー」などとと言って壊しかけた日米同盟も、元に
戻っている。

良い悪いは別にして、「特定秘密保護法」や「安保法制」の制定により
日本の方針、政策も大きく変わってきている。

このような状況であるにも係わらず、曽我は「何も変わらない」「閉塞感」
と嘆く。曽我豪がどう感じていようが、こいつの主観だからいいだろう。
しかし、曽我が感じている「閉塞感」は、裏を返せば朝日新聞の現況
そのものだ。

朝日新聞やそのシンパから言わせれば、自分たちの思い通りに行か
ないという「閉塞感」満杯だろう。それを日本人全体が感じている共通の
思いみたいに言われるのは心外だし、まったく外れている。

まあ、朝日新聞、曽我豪が「閉塞感」に浸かっている方が、日本は正しい
道を歩んでいるという証なので、それはそれでいいけどね。