三菱自動車の燃費データ改ざん問題で、新たに過去10年間に販売を
終了した20車種すべてで、燃費データの不正を行っていたことが明ら
かになった。

結局は平成3年(1991年)以降に国内で発売した全車種で、何らかの
不正が行われていたことになる。
特にRVRに関しては、ギャランフォルティスのデータを不正流用、しかも
そのギャランフォルティスのデータ自体が改ざんされたものだった。
2重の不正が行われていたことになる。

実は、5月中旬にギャランフォルティスのデータに改ざんの疑いがある
ことを指摘されていたのに、三菱自動車は否定していた。
さらにはミラージュも不正はないとしていたが、不正プログラムを使って
いたことが明らかになっている。

この不正プログラムというのは、適法に測ったデータのように偽装する
ための専用のコンピュータープログラム。つまり不正を隠蔽するための
プログラム。これを複数の部署で使っていたというから・・・。

つまりは、会社ぐるみで不正・違法行為を行っていたわけだ。
不正を指示していないという役員連中の説明は、まったく信用できない。
本当にクズ会社である。

一部車種は、エコカー減税の対象とするために偽装していたことは
明らかで、国の制度の信用をも損なう事態である。
三菱自動車の犯した罪は非常に重いと言うほかない。

過去のクレーム隠し、リコール逃れ問題も含めて、こんな会社が存続して
いいはずがない!!
日産の傘下に入ったからといって、許されるものではない。

益子会長は前回の不祥事後、開発部門以外は改革が進んだとか言って
いるが、そんなことはない。今回の不正が開発部門のみで行われた
わけがないだろう。会社ぐるみ、全社で行われた違法行為だ!
日産から開発部門長を招いたくらいで、永年の隠蔽体質・不正を許容
する体質が改まるわけがない。

さらには、未だに不正行為を隠蔽しようという意図が透けて見える。
指摘されても否定したり、不正車種が小出しに出てくること自体、三菱
自動車の隠蔽体質を示している。

このようなユーザーを欺き、社会を欺き、国の制度の信用を損ねたクズ
会社は、自ら廃業しないといけない。その程度の判断すらできないのか?

今からでも遅くない。早く自主廃業しろ!
それが社会に対する責任の取り方だ!