ガソリンスタンドで洗車をしてもらっている間、そのGSにあった朝日新聞の
社説を読んでぶっ飛んだ(笑)。

6月11日社説「尖閣に中国艦 日中の信頼醸成を急げ」がそれ。
中国の軍艦が尖閣諸島の接続水域に入り、日本政府が中国に抗議した
ことに対しての論調だ。

まず、「接続水域は(中略)他国にも航行の自由が確保されている」と
中国の行動を過少評価した後、中国には抗議したのに同時期に同じ
水域に入ったロシアには「抗議しなかった」と不満顔。

あとは、もうお決まりの「危機を煽るな」論。
「肝要なのは危機をあおるのではなく、目の前の危機をどう管理するかだ」
「海上保安庁や自衛隊が警戒を強めることだけで、不測の事態を回避する
ことは難しい」

そして朝日新聞は、素晴らしい危機管理対策を提案する。
「幅広い分野で、重層的な対話の回路を広げていく必要がある」
「留学生など市民レベルの交流も、もっと増やしたい」

「もっと話し合え!」って・・・。まだ言ってるのか朝日新聞と思ったが、
「留学生を増やせ」ってのは何??
留学生を増やして市民レベルの交流をしたら、中国が尖閣諸島への
軍事挑発を止めるとでも思っているのか?
なんともまあ・・・。本気で考えているなら、ある意味凄すぎ。

朝日新聞は「対話のなかで、お互いの意図を理解し、誤解による危機の
拡大を防ぐ」と締めくくっているが、あまりに能天気だ。まあ、いつもの
ことだが・・・。

「意図を理解し」って、中国の意図は明らかじゃないか。
中国は2013年から「尖閣諸島は核心的利益」と言い、妥協の余地の
ない国益だと公式に位置付けているではないか?

これを前提に行動している中国に対して、「意図を理解して」とか「誤解に
よる危機」って、今ごろ何を言ってる??

朝日新聞が「留学生を増やして」中国と交流すれば平和になると考え
るのは自由だが、これがどれほど「珍説」であるかは自明である。

おもしろ過ぎるぞ、朝日新聞!!