北海道立苫小牧西高の教員が、校門前で生徒らに安保法への反対を
呼びかけるビラを配り、署名を求めていたという。

もちろん教員は北海道教組の所属。
北海道教組は日教組傘下のクズ左翼の集まり。

北海道教組は「まったく問題はない!」と反発しているようだ。多分、
校内じゃないんだからという理由だろう。

生徒の登校時間に校門前でやったということは、生徒への特定思想の
刷り込みが目的であることは明白だ。
(下校時にもやっていたことが判明している)

バカ丸出しである。
登校してきた生徒にビラを配り署名を求めることに、何も感じない異常性。
教員が聖職者だなんて思っていないが、政治的に中立でなければなら
ないことすら理解できなくなっている。

教員自身がどんな考えを持っていても構わない。しかし、それを立場を
利用して刷り込もうなどということ許されることではない。
当たり前のことだが、色々な考えを示し生徒に判断させなくてはいけ
ないのは言うまでもない。

北海道教組はクズの集まりである。だから何回も問題を起こす。
有名なのは、民主党議員の選挙支援での闇献金問題。委員長代理など
4名もの逮捕者を出している。

それ以外にも、「いじめ実態調査拒否」「AED導入反対」など、北海道
教委から指示されることには「何でも反対!」。
当然政治的な主張も「君が代・日の丸反対」「竹島は韓国領」とか、極左
丸出しである。

こういう連中が、定年後沖縄に集まる。
今、沖縄の米軍基地前で暴力的な犯罪行為を行っている連中の多くが
日教組OBだ。北海道教組出身者も多い。

自分たちの主張を通すためには暴力も厭わない連中だ。
こういうクズを見るたびに、日本に生まれてよかったねと言ってやりたい
と思う。大好きな中国や北朝鮮では生きてられないぞ。