デマノイこと民進党・山井和則がまだデマを飛ばし、顰蹙を買っている。

厚生労働委員会でALS(筋萎縮性側索硬化症)患者さんが参考人と
して意見陳述を行う予定を与党が拒否したと発言(ツイッターでも)。
ツイッターでは「障害者差別が国会で起こった」とまで。

ところが、与党側から「デマ」だと反論が湧き、一気にトーンダウン。
釈明になっていない記者会見を行い、ツイートは削除して逃亡。
(ALS患者の参考人を差し替えたのは民進党自身)
こいつは以前から「デマ」「ウソ」を平気で垂れ流すことで有名だった。

デマノイを有名にしたのは、民主党への政権交代直前にTVに出まくり、
民主党政権になれば「夢のような素晴らしい世界が開ける」かのごとく
言いまくったから。

結果的に民主党政権は何もできなかったが、まだこの頃は政策を語って
いただけましだった。
この「何もできなかった」ことがトラウマになっているのか、今の民進党は
揚げ足取りや意味不明の批判ばかりだ。
社民党(旧社会党)と同様の「何でも反対!」野党になってしまった。

2009年、自民党が酷かったとはいえ、民主党に政権交代したのは
反対だけでなく、民主党ならこうすると語っていたからだと思う。
だから国民は政権を託した(結果的に大失敗だったが)。

ところが、今や対案を出すでもなく、デマノイのようにデマを飛ばして
まで与党を批判することに一生懸命。こんな民進党を誰が支持すると
言うのか。

民進党がまだ政権を狙っているなら、共産党や社民党と一緒になって
「反対、反対!」なんてやっている場合ではない。
きちんと対案を出し、政府・与党と政策論議をすることだ。

ある意味、デマノイは今の民進党を象徴している。
デマノイがデマを飛ばしているうちは、絶対に民進党は浮上しない!