日産自動車が三菱自動車株の34%を2373億円で買い、筆頭株主と
なることで、実質的に傘下に収めることになった。

これほど世間をバカにした話はない。三菱自動車の廃業は国民の声で
ある。三菱自動車みたいな会社は生き残らせてはいけない!
過去のリコール隠しなどの反省もなく、このようなことを恥ずかしげもなく
やってしまう会社。それが三菱自動車。
こんな会社が存続していいはずがない。

日産からみると、三菱自動車の水島製作所や東南アジアのシェアを手に
入れられるので、安い出資だとの見方もある。
そんな単純な話ではない。三菱グループの「傲慢」「自惚れ」「殿様」体質が
しみ込んでいる会社は、お荷物になるだけだ。

三菱自動車の販売が上向くことは絶対にない!
日産の傘下だろうが、そんなことは関係ない。ウソつき会社の商品など
誰も買わない! これからず~っと、赤字を垂れ流すだろう。

日産から見た場合、目先の効果はあるだろう。
でもまたやるぞ、三菱の連中は。さっきも書いたが、「傲慢」「自惚れ」「殿様」。
これが三菱。日産になんか報告はなしない。
その時は、その責任を日産が取らなくてはならない。
場合によっては、日産に引導を渡すことになるかもね。

日産にとっても軽自動車は大きなウエイトを占める。
だがこれは、日産が落ち目だということを表す指標でもある。
普通車に魅力がない日産。軽しか売れない日産。しかし軽を自社で作れ
ない日産。

さらには長期政権ゆえ、ゴーンへは様々な批判が出ている。その批判を
逸らすための出資だとも考えられる。
ゴーンは三菱自動車の会長になるといわれている。
「これでしばらく安泰だ」とゴーンだけがほくそ笑んでいる。

日産の罪は大きい。
三菱自動車を延命させただけでなく、自分のユーザーも裏切る可能性すら
あるからだ。「傲慢」「自惚れ」「殿様」な会社を持っても、いいことはないぞ。