コリジョンルール? (1)
コリジョンルール? (2)
5月11日の阪神-巨人戦で、巨人のセカンドランナーがホーム狙ったが、
センターからの好返球でタッチアウト! ところが、巨人の抗議でセーフに
判定変更。「コリジョンルール」の適用だってさ。

写真を見ても、何の変哲もないホーム上のクロスプレイ。
これをキャッチャーの走路妨害と言われても・・・。

改めて、「コリジョンルール」とは
・走者が捕手に強引に体当たりすることを禁止する
・捕手のブロックと走者の走路を妨害することを禁止する
・送球がそれるなど、やむを得ない事情で捕手が走路内に入るときも、
 激しい接触は控えること
・審判団は、悪質かつ危険な衝突とみなしたとき、当該走者に対して警告や
 退場を宣告できる

確かに、過去見られた外国人選手の過度な体当たりなどは、けが防止の
面からも、規制すべきかもしれない。でも、写真程度のブロックにもなって
いないようなプレイまで規制しちゃうと、ホーム上でのクロスプレイのドキ
ドキ感まで奪ってしまう。

こうなると、キャッチャーは何も出来なくなってしまう。ランナーを避けて
タッチするだけ。攻撃側はアウトのタイミングでもランナーを突っ込ませ
れば、みんなセーフになりそうだ。一連の動作の中で、キャッチャーが
ホームベースを覆うようなことは必ずある。
それをいちいち「コリジョンルール」違反だと言い出したら・・・。

現実にこのプレイだけでなく、他の試合でも同様の事例が発生している。
小学生のリトルリーグじゃない。プロがやってる野球だ。

こうやって、どんどん野球がつまらなくなっていく。そしてファンが離れて
いく。ますます野球離れが進む。
素晴らしい(?)悪循環に自ら足を突っ込んだな。