セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文が辞意を表明した。
当然である。息子を社長にしたいがために、社長を解任しようとするなど
老害そのもの。

こんな勘違い野郎が80歳を超えて(83歳)、好き勝手やっているような
企業に、未来がある訳はない。
その証拠に、コイツが「引退」を表明したとたん、株価が1日で600円も
上昇した。投資家もこいつの老害ぶりに嫌気がさしていたということ。

こいつの「驕り」がセブンイレブンやイトーヨーカ堂などで垣間見える。
特にイトーヨーカ堂の従業員のクズっぷりは酷いもんだ。
お客さんがレジに列をなしていても知らんぷりなパートババア。その
パートババアをお客さんがいる前でナンパしているジジイ社員。
本当にどーしようもない。
(「イトーヨーカ堂にも行かない!」「イトーヨーカ堂もうひとネタ」参照)

上記内容などを記事に書いたら、社員と思われるヤツが失礼なコメントを
して来たことがあった。
(もちろん記事に賛同するコメントもいただいている)
トップが勘違い野郎だと、従業員も勘違いするお手本のような企業だ。
まあ、そのうち淘汰されるだろう。

ところで、鈴木が息子への世襲に対して、「噂されるのは不徳の致す
ところだ」とか言ってるけど、もともと徳のカケラもないヤツが使っては
いけない言葉だということは、言うまでもない。

そう言えば、こいつのことを朝日新聞は「カリスマ経営者」なんて書いて
いたけど、あまりにも人間を見る目がなく笑ってしまう。