3月17日にNHK「クローズアップ現代」が終了した。
キャスターの国谷裕子もお払い箱になった。

この番組は反日を基本とし、捏造・ウソは当たり前、恣意的な放送も多く
どーしようもない番組だった。
さらには、終了に関し政府(官邸)からの圧力があったとか、言っている
担当者までいて呆れるしかない。

一般的には「出家詐欺」を扱った「やらせ」が有名だが、オレ的には
中国・天安門事件を取り上げた際、国谷が
「広場にいた市民や学生は、人民解放軍と武力衝突なく撤退したという
訳なんです」と言っていたことかな。

一部では、天安門前広場での虐殺はなかったと言っているだけで、天安門
事件を否定している訳でないとの擁護論もあるが、「広場で武力衝突は
なかった」と言っていること自体が明らかなウソである。

国谷はNHKとともに、天安門事件を過少にイメージさせようとしたことは
明らか。百歩譲って広場で虐殺がなかったとしても、長安街での虐殺は
否定しようがないんだから、中国共産党が民主化運動を武力で弾圧した
ことは事実である。こういうのをイメージ(印象)操作という。

でも、オレがコイツを「イヤな女」と思うのはこれである。
2014年のダボス会議での意見交換で、日中衝突の可能性を問われた
安倍首相は、
「英独は大きな経済関係にあったが、第一次大戦に至った。質問のような
ことが起きないようにしなくてはならない」
と答えたが、通訳が
「日中関係について第一次大戦前の英独関係と『似た状況にある』」
と誤訳してしまった。
海外メディアは誤訳をもとに「安倍は好戦的」と批判的に報道した。

実は、この場にいた日本メディアの中に国谷もいたのだ(朝日もいた)。
こいつらは誤訳であることが分かっているのに(だって安倍首相の日本語の
回答を聞いているんだから)、海外の安倍批判に乗っかったのだ。
国谷はその場で誤訳を指摘することもできたはずだ。

だってこいつは、幼少時アメリカに住んでいたいたんだぞ。最終学歴は
アメリカ・ブラウン大卒。さらに、日本でもNHKの英語放送の同時通訳
アナウンサーをやっていたんだ。つまり英語ぺらぺら。

それなのに、明らかな誤訳に対して知らん顔をし、さらには朝日新聞の
ウソ報道にもダンマリを通している。ジャーナリストでもなんでもない!

誤訳により日本の国益が損なわれようとしているにも関わらず、安倍批判
に乗かったのだ。分かっているのにダンマリを通すということは、そういう
ことだ。

だから、こいつは本当に「イヤな女」なのだ。