オボちゃんが「あの日」という手記本を出した。
購入した友人がいたので、借りて読んでみた。

まぁ~っ、自己正当化、自己美化、責任転嫁、被害妄想、被害者意識、
不都合隠蔽、印象操作にあふれる、オボちゃんポエム本。

世間で言われているような(印象を持たれているような)事案に対する
科学的反論はまったくなく、印象操作に終始している自体、科学者として
出した本でない。異常なほどの自己愛ポエム能力を示したかっただけと
しか思えない・・・。

もちろん、オレ(理系人間ではあるが)にはバイオというか再生生物学と
いうかの知識はまったくない。専門的なことを書かれても分からないかも
しれない。しかし、この本にはオボちゃんに不都合なことは書かれていない
ことは良く理解できた(笑)。

オボちゃんの言いたいことは、「わたしは悲劇のヒロイン」。これに尽きる。
そのために、他人に責任を押し付け、自分は嵌められたと言う。ついでに
メディア被害にもあったと言う。

すべてを「自分を攻撃する悪者」と位置付けることで、「悲劇のヒロイン」を
演出しようと一生懸命。悲劇のヒロインなんだから「都合の悪いことは書か
ないのよ♥」って感じ。

オボちゃんが「科学者」としてのプライドがほんのわずかでもあるなら、
明らかに方向が間違っている。
なぜオボちゃん研究室から出てきたES細胞が入った瓶に、オボちゃんの
字でラベルが貼ってあったのか?
論文の最終段階で、上司の要求データが次々に都合よく出て来たのは?
それなのに、理研の検証過程で要求されたデータを提出しなかったのは?
ぐらいは、答えなければいけないのでは?

結局、オレの持っている
コピペ、改ざん、捏造が見つかり、いろいろ指摘されるとデータや反証も
出さず(まあ、出せずだけど)ゴネ出した。しかも弁護士付きで。
再現実験の機会が与えられたにもかかわらず、何とか逃げようとした
あげく、始めたら始めたで時間稼ぎに終始。そして結果は出せず。
という印象は翻らず。

それに、記者会見で「(STAP細胞作製に)200回成功した」と言って
いたのに、本では「(作成の)途中経過の意味だった」って都合よく変遷
してるし。

さらには、早稲田大博士論文からの写真流用に関しては、
「私がテラトーマの写真の差し替えを忘れたことに原因があった」と書いて
いるけど、最初の流用は9枚あり、その後の修正版でも4枚流用している。
これは何?? ばれなさそうな4枚は「意図的に残した」んじゃないの?
きつい言い方をすれば「意図的」とは「悪意」。

はっきり言うと、途中で何度も読むのを止めようと思ったほどだ。
どんどん気分が悪くなってくるし、最後は虫唾が走った。
自分で買った本だったら破り捨てていたかもしれない(笑)。

まあ冷静に考えてみると、
 私がES細胞を混入させました
 STAP細胞自体は、すべてでっち上げです
 自分の虚栄心と自己顕示欲からやったことです
なんて、言う(書く)訳ないよな。

帯には「真実を歪めたのは誰だ?」ってあるけど、虚しいだけだね。