キャプテン
ちばあきお著「キャプテン」を、15巻まとめて大人買いをした。
1巻680円(+税)×15巻なので約1万1000円のところ、ちょっと
割引があり9007円。

「キャプテン」からの派生マンガ「プレイボール」を持っていたこともあり、
懐かしさから買ってしまった。
小学生時代に野球を始めた頃、ちょうど「月刊 少年ジャンプ」で連載
されていた。当時のキャプテンはイガラシだったかな。

キャプテンは典型的な「スポ根」マンガであるが、超人や魔球などは
出て来ない純粋な野球マンガ。
とにかく「特訓」ばかりしているという印象。それが本当に厳しい。
至近距離から強烈なノックを浴びせたり、朝の4時から毎日練習したりと
多少の現実離れはあるが、弱いチームが努力をして強豪を倒すみたな
ストーリーは、子供心をワクワクさせた。

努力だけではどうにもならないことは多いが、このマンガを読むと何となく
克服できるような気になるから不思議だ。

「キャプテン」と「プレイボール」は、オレくらいの年代の元野球少年はみんな
読んでいたんじゃないかな?

谷口キャプテンの青葉学院との再戦のところまで読んだけど、ちょっとウル
ウルきてしまった。
まだ10巻以上あるので、のんびり読んでいくよ。