自民党の丸山和也参議院議員が「米大統領は黒人、奴隷ですよ」という
発言を行い、与野党から批判の声が挙がっている。
発言の前後を見ると差別主旨でないことは明らかであるが、軽率であると
ともに、賢い発言ではない。

朝日新聞も「失言」と批判的に報道している。
ところが、2012年8月の朝日新聞の記事によると、
「オバマ大統領の祖先『米国最初の奴隷』 家系図調査」
という見出しで、オバマ米大統領は米国で最初の奴隷の血をひいていた
と報じている。

朝日新聞自らが過去に同様の報道をしているのに、丸山議員の発言を
「失言」って偉そうに報じるのっておかしくないか?
丸山議員の発言を批判する資格は、朝日新聞にはないということ。

朝日新聞は家系図調査会社の発表を報道しただけであり、自ら発言した
丸山議員とは違うなどと言い訳しそうだが、そんな言い訳は通らない。
朝日新聞は丸山議員の発言ソースを確認してないだろう。
同じ家系図会社かもしれないし、もしかしたら朝日新聞かもしれないぞ。

世間ではこういうのを「ブーメラン」と呼んでいる。
「ブーメラン」は民主党の代名詞だけど、お仲間の朝日新聞もやっぱり
「ブーメラン」が好きなようだ(爆)。