前回、民主党の日教組出身・輿石の引退を機に、日教組なんて潰して
しまえと書いた。
(「輿石の引退を機に日教組なんて潰してしまえ!」参照)

輿石は引退に際して
「言いたい放題、やりたい放題やらせてもらったので、心残りはない」
と発言している。
本当に言いたい放題だった。

民主党政権時、幹事長だった輿石は
「間違った情報ばかり流すなら、電波を止めてしまうぞ。政府は電波を
止めることができるんだぞ」
とメディアを恫喝していた。

しかし、この発言に対して朝日新聞は騒がなかった。
先日の高市総務相の電波停止を命じる可能性発言や、昨年の自民党の
私的勉強会での若手議員や百田尚樹氏の発言を「言論統制だ!!」など
と発◯したのとは大違いだ。

輿石は政権与党の幹事長だった。その発言は十分に重いものだ。
しかも、政治的公平を問題にしているのではなく、明らかに民主党批判を
封じるための発言だ。

少なくとも、同じ政権党ではあるが自民党内輪の会合での一議員や
民間人の発言よりは絶対に重い!
発言の是非を論じる気はないが、政府や自民党の人間だと「言論統制」に
なって、民主党の人間だとダンマリというのは何??

朝日新聞が民主党を応援していても構わないし、自民党を毛嫌いして
いようが構わない。しかし、こういうタブスタをやっているから朝日新聞は
国民から見放されるんだ。

そう言えば、朝日新聞は輿石から
「またやったな、政治部長を呼んで抗議するからな」
と恫喝されていたな。まさかビビったわけではあるまい。

自分が政権党幹事長(当時)から、報道に対して恫喝されたにもかか
わらず、輿石を批判もしないなんて、なんて情けない新聞なんだ。

まさか、その時の憂さを自民党相手に晴らした訳じゃないんだろうな?