高校生のチアリーディング全国大会は、8月のJAPAN CUPと2月の
高校選手権。

2月になったので、ぼちぼち高校選手権のために情報収集でもしようかと
思っていたら、なんと既に昨年の12月に大会が終わっていた。
今年度から高校選手権は12月になったらしい。

最終結果は後で書くとして、得点を確認すると
準決勝  梅花高      255.0点
      箕面自由学園  231.5点
なぁ~んと、23.5点も差がついてる!!
梅花高の255点は当然の得点として、箕面自由が231.5点とかなり
低い得点。これは驚きだ。
箕面自由の準決勝の演技を動画サイトで観ると、大きなミス(落下)が
2回あり、そのうち1回はトップが床ぎりぎりまで落ち、さらにジェネラル
スポッター(危険な落下防止をサポートする、後ろにいるおじさんたち)の
助けを借りてしまうほどのミスだった。
これは大きな減点になる。

高校選手権もJAPAN CUP同様、準決勝の得点の半分が持ち点として
決勝に繰り越されるようになっていた。
つまり、決勝の持ち点で11.75点もの差がついてしまった。箕面自由は
決勝で梅花高を12点上回らないといけない。

高校選手権は準決勝・決勝を1日で行うため、気持ちを入れ替えるのが
難しいと思うし、得点差も考えると非常に厳しい状況だ。
さらには、先に決勝の演技を行った梅花高は、少しミスが出たが244.0点
をマーク。箕面自由は256点以上出さないといけない状況。

そんな中、箕面自由の演技。


序盤で準決勝でミスのあった回転を入れてからのヒルヒル4基をきちっと
決めると、3基のダブルツイストがズバズバ決まる。凄い・・・。
準決勝で大きく落下した距離のあるトータッチ乗りもズバッっと決まる。

バク転でベースの上に乗ったトップが、スコーピオンからヒールストレッチ
へスイッチしてる。その両脇では、同様にバク転で乗ったトップがスケール
からヒールストレッチへスイッチして、さらには1回転している! しかも2基。

歓声で聞こえずらいが音楽がベートーベンの第九(歓喜の歌)になっており、
ラストの2-2-3(ベース2人、ミドル2人の上に3人のトップが乗る)の
ピラミッドが見事に決まった瞬間、音楽のごとく歓喜の渦の中、素晴らしい
笑顔でフィニッシュ!

凄んげぇ~!!!

得点は256.5点。
梅花高をトータルで0.75点上回り、見事に優勝。
箕面自由から見れば、書きたくても書けないくらいのストーリー。

彼女らにしてみれば、いつものことをいつものようにやれば、結果は絶対に
ついてくるという自信があるんだろう。
梅花高に12点負けているとか、256点以上が必要とか、関係ないんだ
ろうな。それにしても、素晴らしかった。

でも、得点発表の時、すぐには優勝とは分からず(掲示板には順位が
表示されなかったようだ)、バックステージに戻る途中に優勝を知らされ
たのか、喜びを爆発させた姿をみると本心は不安だったのかもね。
(動画は演技後の得点発表まで観てね)

梅花高は、今回もあと一歩まで追い詰めたが残念な結果となった。
このトータル0.75点の重みをかみしめ、夏のJAPAN CUPを目指して
欲しい。

最後に、梅花高の準決勝の素晴らしい演技をどうぞ。




関連
 「素晴らしきチアリーディング JAPAN CUP 2013
 「素晴らしきチアリーディング 高校選手権2013
 「素晴らしきチアリーディング JAPAN CUP 2014
 「素晴らしきチアリーディング JAPAN CUP 2015