前回、甘利大臣の記者会見での元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを
書いていて(「元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう」参照)、
思い出したことがある。
2014年9月の「朝日新聞問題」を扱った「朝まで生TV」に山田厚史が
出ていたということ。

朝日3バカ
朝日関係者はみな「元」で、他に早野透と下村満子がいた。(白髪が山田)
朝日応援団は青木理が奮闘していた(笑)。

ここでも山田は本質とはかけ離れたこと言い放っていた。まあ、朝日新聞
擁護役での出演だから、当然と言えば当然だけど。

番組冒頭で山田が盛んに行っていたのが、「(慰安婦問題は)他紙も書い
ていた。産経も」だったな(苦笑)。
当時はみんな書いていたんだから、朝日だけが悪いんじゃないという
朝日新聞の惨めな言い訳を一生懸命していた。
「ボクだけが悪いんじゃないよォ~! ◯◯ちゃんもやってたのにぃ~」
って、小学生か!! いや、小学生に失礼だな(笑)。

前回の「元朝日新聞・山田厚史の勘違いっぷりを笑おう」で書いたが、
山田は一端の「ジャーナリスト」を気取っている。
この朝生でのクズ発言の数々は、「ジャーナリスト」と呼ぶに相応しい
ものだと、自分に誓えるのか??

それに、「慰安婦問題」における朝日新聞の
「強制連行」⇒「(広義の)強制性」⇒「女性への人権侵害」
という論点のすり替えを認めた瞬間に、そいつは「ジャーナリスト」でも
何でもない!!! そういうヤツを「ご都合主義者」という。

新聞記者という「事実を伝える」立場のはずが、「自分の主張をする」ことが
「ジャーナリスト」とでも思っているのか?
しかも「その時々の自分の都合に合わせ」。

恥ずかしげもなく「ジャーナリスト」なんて自分で言えるものだ!!!

ちょっと蛇足だが、「朝生」で今も覚えている衝撃発言。
(不正確や多少の誇張が入っていたらゴメン)

下村満子
 「真実は神様しか分からない」
 (なんだそりゃ、だったら新聞なんて出せないな!)
青木理
 「いちいち裏取りなんかやってたらメディアは回らない」
 (確認なしで書き飛ばしてOKだったら、それはフィクションと言う)

蛇足ついでに、もう一言。
当時、朝日新聞を擁護する人たちが、「他紙も誤報をしている」と盛んに
言っていた。中には、「産経新聞の編集局長が旧ソ連のスパイ活動に
協力していた過去を謝罪しろ」なんてのもあった。
「他紙の誤報」や「産経新聞のスパイ問題」も、そのこと自体の問題を
問うからと言って、朝日新聞が免責される理由にはまったくならないと
いうことは明らかだ。

個人的には「捏造」までした朝日と、他紙の「誤報」は同じ土俵で論じる
べきではないと思うが、産経のスパイ問題への謝罪要求も含め、それは
それで謝罪や対策を求めればいいだけのことだ。

繰り返すが、他社のことで朝日新聞が免責されることは絶対にない!