週刊文春に違法献金疑惑を報じられた甘利明・経済再生担当大臣が、
大臣を辞任した。

甘利氏の記者会見で異彩を放っていたのが、元朝日新聞記者・山田厚史。
山田は現在インターネット・ニュース・ジャパンの代表で、同社はデモクラ
TVという名で時事問題の解説や討論番組の配信を行っている。

山田は甘利氏の記者会見で「現金授受」についてしつこく質問したのだ。
「現金授受」書くと、その目的や見返りも含めたわいろ性、斡旋利得など
本質的な質問と思うかもしれないが、そうではない。

山田がしつこく質問したのは、
「封筒の中身を確認しなかったのか?」
「現金が入っているとは思わなかったのか?」
など、「現金授受」の具体的な「やりとり」なのだ。
これを延々と繰り返した。

他社の記者はうんざりしていたようだが、本人はいたって本気なのだ。
「こういう記者会見に出て、質問を浴びせるのがジャーナリストだと思う。
新聞記者がこんなことをやっていたら、本当に情けない。今回の記者
会見で、権力を監視するジャーナリズムの力が落ちているなと感じた」

山田が言う「こんなことをやっていたら」というのは、他の記者の質問が
「馴れ合い」と感じたからだという。

朝日新聞記者特有の「自分が一番すごい!」「I am No.1 !」を地で
行っているようなヤツだな。さらには「ジャーナリスト」「権力監視」だとかを
やたらと持ち出し、自分の中の偶像があたかも理想像のように強く思い
込んでいる。こういうのを「勘違い野郎!」と言う。

山田が「ジャーナリスト」を自称しているなら、最近の政治家の不祥事、
疑惑のほとんどは、週刊誌があぶり出しているということを、どう考えて
いるんだ?

自分たちがスクープした内容でもなんでもなく、記者会見にノコノコ出て
きて、本質とかけ離れた質問を繰り返し、「これがジャーナリズムだ!」
と胸を張られても、「何言ってるのお前?」だ。

まあ、山田が本質に迫れないのは既に周知のことだけどね。
昨年、月刊WiLLで桜井よしこ氏と「朝日問題で問われる日本のジャーナ
リズム」と題し対談した際、桜井氏が朝日新聞の福島第一原発・吉田所長
調書記事は「逃げた」との印象操作だと指摘すると、
「逃げたなんて書いていないじゃないですか。この記事のどこにそう書いて
あるんですか!」だってさ。

文章・文脈の話をしているのに、「逃げた」という文字はないと反論する。
さっき山田は「本質に迫れない」と書いたが、「本質が分かっていない」
と言った方が正しいかも。
*ご存知のように朝日新聞ですらこの記事は取り消している

こんなヤツに「本当に情けない。ジャーナリズムの力が落ちている」なんて
言われている現役記者諸君よ、これでいいのか???
ただ、現役朝日新聞記者連中は何も言う資格はないよ。山田と同じ穴の
ムジナだからね。