「CoCo壱番屋」(ココイチ)の廃棄カツが横流しされ、スパーなどで販売
された問題で、バカ丸出し発言が続いている。

まずは小倉智明。
司会をするワイドショーで
「シリアでね、1週間食べものがなくて餓死している子どもたちがいる一方で、
こんな風に廃棄されている食品もあるってなんかねぇ」
「なんでそれだけ余分な食品が出てしまうんだろうね」

壱番屋が廃棄した理由は、プラスチック片・異物混入や解凍後の品質劣化
が疑われるからだ。食品の安全面からで、別に余ったから廃棄した訳では
ない。

シリアの難民問題などを持ち出して、何かアピールしようとしたのか知ら
ないが、トンチンカンもはなはだしい。
万が一、異物が混入したカツを提供したら小倉はなんと言う?
間違いなく、「食品の安全をどう考えてるんだろうね」などと、したり顔で
言うだろう。

日本マクドナルドの現状を見れば、食の安全がいかに重要かは火を見る
より明らかである。現代社会において、品質問題は「会社をつぶす」時代に
なっているのだ。
偉そうにコメントするんじゃねぞクズが!

続いて、大村愛知県知事。
「壱番屋は被害者だが、日本を代表するカレーチェーンで、社会的な責任は
重い。なぜこんなことになったのか、壱番屋も検証し再発防止策を講じて
欲しい」

責任はすべて廃棄物処理業者「ダイコー」にある。そして、その廃棄物処理
業者を監督・指導するのは愛知県の責任である。それをなんで、壱番屋に
押し付けるのか。
知事自ら責任逃れ発言をしているようでは、愛知県もお先真っ暗だな。

業者が多いから目が行き届かないなんてのは、役人の言い訳でしかない。
知事が先頭に立って「責任のがれ」「責任転嫁」発言をしているのは見苦しい
の一言だ。壱番屋に「再発防止を」などと言うのは、大村が単にバカだから
では済まないレベルだ。

まず再発防止を提示しなければならないのは愛知県だろう。
この低能知事が!