3月で報道ステーションのキャスターを降板することが発表された古舘は
昨年12月の記者会見で
「不自由な12年だった」
と述べた。どうやら言いたいことも言えない、いろいろ制限があったという
ことを言っているようだ。

何をバカなことを言ってるんだ。
もともと教養も素養もないくせに一端のキャスター気取り。さらには確固
たる信念もないから、一番簡単な「反権力」におんぶに抱っこ状態。
何でも批判すればいいと考えていた低能野郎。

古舘のネタ元はTBSと毎日新聞(by 報ステスタッフ談)。
朝日新聞でないところが笑っちまうが。ついでに
「オンエア直前まで放送作家とコメントを練っています。そのため古舘
さんのコメントは台本を棒読みしているよう」
なんてことまでばらされる。

オレから言わせれば、古舘のコメントは何を言ってるのかまったく分から
ないことが多く、話の飛躍もとんでもないほどだった。辻褄も合っていない
ことが多かった。これが放送作家と練った内容と言われると、放送作家の
レベルも相当低い。

まあ、精一杯「知性」を演出しようとして、逆に「知性の無さ、無知」を曝け
出してしまった「おバカさん」といったところだ。

もう数年前から、古舘がコメント始めると報ステの視聴率が下がるという
現象が起こっている。古舘の薄っぺらい意味不明なコメントなんて聞く
価値がないということが、視聴者の間にも浸透していたということ。

静かに余生を過ごしてくれ。