スタバ二子玉店の福袋が先頭の5人組に108個すべて買い占められ、
早朝から並んでいた2番目以降の人が買えず、さらには買い占めた
連中が福袋をオークションで販売していることも発覚し、炎上騒ぎに
なっているのはご存知の通り。

スタバの福袋はレアものが入っていて人気らしいが、オレはまったく
福袋と称する物に興味がない。
例えば、「5万円相当」という謳い文句で1万円で販売されていても、
まったく買う気にもならない。確かに中身の「定価」を足していくと5万円に
なるのかもしれないが、それらのすべてが必要な物(欲しい物)である
ことはまずない。

昨年だか一昨年だかに、某女性ファッションブランドの福袋が、売れ残り
品ばかり入っているうえに、シミがついていたとか穴が開いていたとかで
大騒ぎになったことがあった。
店側は謝罪文をだし返金に応じるなどの対応を迫られた。
でも、これこそ正にオレが思っている福袋そのもの。オレのイメージ通り。
オレは古い人間だという証拠かな。

福袋もいい加減なことをやると、逆に店側の信用にかかわるため、こんな
ことは最近はまずないと思うけどね。
事前に内容を公表したり、透明の袋に入れたりと、売る側も細心の注意を
はらっているようだ(苦笑)。
変な福袋を売ったら、たちまちネットで炎上騒ぎになるからね。

買う側も、事前にいろいろ調べて買ううえに、直後に中身の交換会をやる
など防衛策(?)をとっている。
でも、こうなると福袋を買う側の楽しみもないんじゃないの?
つまりは福袋という特価品(お得感)を買っているだけ。

しかし「お得感」と「お得」は違うわけで、いい例が「非売品」(「限定品」
とも言う)。福袋専用商品を作って入れるんだけど、非売品だから定価
なんてない。それを◯◯円相当って言ってるだけ。
店側も「商売」だから、「赤字覚悟」とは言っても赤字では売らない(笑)。

ただし、これを「レア」と買う側が判断した瞬間に、「お得」に化けることに
なるからおもしろい。これはあくまで買う側から見た場合で、売る側から
すれば「お得感」でしかないけど・・・。

最近は、はずれの福袋を「鬱袋」と言うらしい(笑)。
オレからすれば「鬱袋」を買って、まれに「福袋」だから喜びが出てくるん
じゃないのかな。
おみくじ全部が「大吉」ということはなく、「凶」も「大凶」も入っているのと
同じことでは? なんて思ってしまう。

商品と占いを一緒にするな!! なんて怒らないでね(笑)。