朝日新聞の反日売国記者・豊秀一が
「『冬ソナ』ブームに沸いた日本。いまもK-POPが流行り、文化の交流は
続くのに、なぜ、日韓の両国の歴史和解は実現しないのか。今回の企画
ではそのことを考えてみました」
とツイートしていたのを見つけた。

ちなみに、豊秀一ってのはこんなヤツ。
朝日新聞・豊秀一の恥知らずな講演」参照。

まあ、ひどいもんだ。
豊はもう忘れてしまっているようだが、吉田清治がらみの記事を惨めに取り
消し、当時の社長・木村伊量が会見で開き直りながらも頭を下げたことを。

日韓の歴史和解って何?? 何を和解するの?
韓国が一方的に「いちゃもん」をつけているだけだろう。それに、韓国が
国を挙げての反日政策をとっている原因のひとつは、明らかに朝日新聞の
慰安婦捏造記事だ。そうしたことは省みもせず、相変わらずの妄言・戯言の
オンパレード。

救いようがないね。自分の行ったことを自覚すらできない、ただただ情け
ない組織。
左翼の大好きな言葉に「自己批判」という言葉があるだろう。朝日新聞は
しっかり「自己批判」しないといけないんじゃないの?

もし、本当に朝日新聞が日韓の歴史和解とやらが必要だと考えている
なら、なぜ韓国の「悪事」や「非常識」を報道しない?
韓国側のおかしなことは一切報道しないで、真の日韓関係が築いて
行けるとでも思っているのか?

日韓関係を多少良くすることは簡単である。
朝日新聞自らが韓国に対して「日本を貶めるためにウソを書いていました。
韓国の皆さんすみませんでした」と懺悔して廻ることだ。
それくらいのことをやらなければいけないんだよ、朝日新聞!

豊よ、「なぜ、日韓の両国の歴史和解は実現しないのか」なんてほざいて
いる暇があったら、韓国に行って朝日新聞の悪行を洗いざらい話して来い!