「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ7000万」が11月25日から発売に
なっている。発売初日の様子がTVニュースで流れていた。多くの人が
並んでいたが、みんなの気合が例年より高いように見えた。

年末ジャンボ2015 (1)
みんなの気合が入っているのは、今年の年末ジャンボが前後賞合わせ
ると、遂に10億円になったから。宝くじ史上最高額。
内訳は1等が7億円、前後賞が各1億5000万円。
(昨年は1等5億円、前後賞各1億円の合わせて7億円だった)

2等1000万円、3等100万円は昨年と変わらず。
また、宝くじ70周年記念賞として70万円がある。

1等・前後賞が増額されているのに、2等以下が前年と同様なのには
実は裏がある。
1等の当選確率が1000万分の1から2000万分の1に落ちているのだ。
つまり1ユニットを01組から100組までの1000万枚から、200組までの
2000万枚に増やしている。

1等賞金を上げれば、どこかにしわ寄せが来るのはしょうがない面もある。
元凶は、寺銭取り過ぎ(還元率が低い)ということ。

まあ、上の方はあんまり関係ないけどね。せめて4等の5万円が当ったら
こんなに嬉しいことはないけど・・・。

年末ジャンボ2015 (2)
3年連続発売の年末ジャンボミニ7000万。
1等は7000万円で2等が100万円、3等が5万円、4等3000円。
あれっ??
昨年は2等700万円、3等70万円、4等7万円だったのに・・・。
(ちなみに、ミニ7000万は1ユニット1000万枚は変わらず)

まあ、ミニ7000万はあんまり期待してないから、どうでもいいや。

年末ジャンボ2015 (3)
チャンスセンターでもらった「宝くじ券入れ」。
例年に比べると、少し厚手になった。
とりあえず、12月31日まで入れておこう。

年末ジャンボに限らず、各ジャンボでもらった「宝くじ券入れ」をいっぱい
持っているが、けっこう色々な入れ物に使えて便利である。
ペンケースとして使ったり、保険証・診察券入れなどに使っている。
でも、悲しい現実だなぁ・・・。