11月23日に靖國神社で爆発が起こった事件で、韓国人の関与が
疑われていると各メディアが一斉に報道している。
捜査関係者への取材結果、現場付近の防犯カメラに映っていた不審な
男が韓国人で、既に帰国した可能性が高いこと。さらには現場に残され
た乾電池にハングル文字が書かれていたことも判明したという。

もちろん、現段階(12月4日0:00)で警察からの正式の発表はない。
各メディアが捜査関係者の話として伝えている。警察からのリークだと
思われる。

それを受けて、12月3日に各メディアがWeb版などで報じている。
日経新聞 01:39 靖国神社の爆発音、韓国人関与か
共同通信 02:06 靖国爆発音、不審な男は帰国か
読売新聞 06:13 靖国トイレ爆発音、防犯カメラの男は韓国人か
毎日新聞 07:00 靖国神社爆発音:映像の男、韓国へ出国
産経新聞 07:30 韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国
時事通信 09:09 防犯カメラの男、韓国へ出国=乾電池にハングル
さらには、NHK、TBS、フジテレビのTV局もニュース番組で報道している。

ところが、現時点(12月4日 0:00)で朝日新聞は、この件を一切報道
していない。これだけのメディアが報道しているということは、朝日新聞
だけが「特落ち」している訳ではなく、意図的に報道していないということ。

靖國神社に対してどういう考えを持っていようが、また韓国(人)が好きか
嫌いかなんてことも関係ない。これは爆弾を使用した、ある意味テロ事件
だということ。これを韓国人が関与していそうだからといって、報道しない
ことは、報道機関としての使命を忘れた愚かな行為である。

朝日新聞は、在日韓国・朝鮮人が犯した犯罪に対して、通名のみを報道
して絶対に実名を報道しない。ある意味、在日の犯罪を隠し通してきた。
例えそれが反社会的組織・暴力団員の犯罪だとしても。

こういう報道姿勢の延長線上に今回の件もあるのだろうが、もし朝日新聞が
よく言うような「日韓未来志向」を考えているなら、こんなことは本末転倒で
である。こういうことを起こす背景(国を挙げての反日政策、反日教育、愛国
無罪など)を厳しく批判することこそが、メディアの本来の役割だと思う。

朝日新聞の言い訳は容易に想像がつく。
正式に警察が発表した内容ではないから報道していない。犯人逮捕や
警察発表が有れば報道する。
(この予想は自信がある!!)

化血研の改竄・隠蔽事件では、化血研を偉そうに批判しているが、自身の
報道しないという隠蔽体質はどうなんだ??

しかし、いつまで朝日新聞はこんなバカなことを続けるのか??
報道しないことが日韓関係を良くするとでも考えているのか??
本当に愚かな新聞だ!!


*テレ朝の報道ステーションでも12月3日に報道した。ただし、いつもは
 ペラペラしゃべる古舘のコメントはなし。
*韓国・朝鮮日報でさえ、共同通信が報じたという内容だが、本件を報道
 している。