先日、クルマで富岡市から甘楽町方面へ旧254号を走っていた。
富岡市街地(富岡製糸場入口あたり)で、なんとなくロードノイズが大きく
なったような気がした。そんなに気にせずいたら、ちょっと振動が出てきて
ガタガタし始めた。

そして鏑川の橋を渡ったあたりでガタンガタンとなったので、車を停めて
タイヤを見たら、後輪左側が見事にバーストしていた。

意外にも、そんなにあわてることなくJAFに連絡し救援を依頼した。
JAFの方と話をしていたら、車を停めた位置が交差点から近く、他の
クルマの通行を邪魔していることが判明。

JAFの方が言うには、警察に連絡すれば交通整理をしてくれると言う
ので、110番通報。状況を説明すると、パトカーを向かわせると言う。

ほどなく、富岡警察(多分)のパトカーが1台来てくれて、パイロンを立て
たり交通整理を始めてくれた。ちょっと感謝!

その後JAFの救援車も到着し、タイヤ交換作業。
自分でやってもよかったんだけど、歩道と車道の間に植木があって
素人が作業するには狭かったので・・・。

さすが、JAFの方の作業は手際が良く、あっと言う間に終了。
バーストしたタイヤを見ると、釘が1本刺さっていた。
どうやら、釘が刺さり徐々に空気が抜けていき、それに気づかず乗って
いたのでバーストにまで至ってしまったようだ。
釘が刺さったのは、多分もっと前だったんだと思う。

と言うことは、乗車前点検的なことをしていれば気づいたかも。
日ごろタイヤにはけっこう気を遣っていたつもりだったが、ちょっとやらかし
てしまった。

ところで、路肩にクルマを停めて警官が交通整理をしてくれていると、
傍らにボォ~ッと立っている自分への周りの視線が痛かった。そうだよね、
オレのせいで1車線規制しちゃったから。

いろんな方に迷惑をかけた。
防げた災難だったと反省しきり。