日韓首脳会談
日韓首脳会談が3年半ぶりに開催された。
日本側から見れば「会うことに意義がある」程度の物で、何かが進展する
などということは期待してもいない。こんなことは素人にも分かる。

でも、朝日新聞は何かを「期待」していたようだ。
そう、慰安婦問題に関して安倍首相がゼロ回答をして、それを批判した
かったようである(笑)。

ところが、
「未来志向の日韓関係を構築する上で、将来世代に障害を残すことが
あってはならない。国交正常化50年の年であることを念頭に、できるだけ
早期に妥結をめざして交渉を加速していくことで一致した」
と言われてしまった。

元々韓国目線でしかものを言わないが、書くことが無くなったのか知ら
ないが、どうでもいいことを書きだした。
「安倍首相のホテルの部屋に、朴の名前で赤いバラの花束が届けられた」
「空港では慣例よりも格上の第1外務次官が出迎えた」
「昼食会は断ったが会談で充分な時間をかけると約束した」

韓国は気を遣っていたんだよ、とでも言いたいようだ(爆笑)。
とにかく韓国側から見た物言いでしかない。

韓国は慰安婦問題で後戻りできないところまで行ってしまった。
真の未来志向の日韓関係を築こうとするなら、朝日新聞の出番だ。
自らの「捏造」で誤解を与えたとを、韓国に釈明するところからしか始まらない。
これなくしては、何も進まない。