群馬大病院の「病院改革委員会」が中間報告を公表した。
その中で、殺人医師・須納瀬豊について、
「医療従事者として適格性を疑われる医師」
と断罪した。

群馬大病院内の組織など体制的な欠陥を強く批判している。病院側が
須納瀬の低質な医療を見過ごしたことは大きな問題ではあるが、やはり
最後は須納瀬の医師としての資質に行きつくと思う。

はっきり言って、こんな下手くそなヤツが、できもしないことをやって
いい気になっていたことが大問題なのだ。

この須納瀬豊、3月31日で群馬大病院を退職しているが、現在は
他の病院に勤務しているという。
えぇっっ~~!!!!!! って感じだ。

週刊新潮だったか文春だったかに載っていた。
突撃インタビューに脱兎のごとく逃げたということだが、本人はまったく
反省していないということ。

その証拠に、ご遺族に送った手紙も反省することもなく、言い訳と病院
批判に終始している。医師としてもクズだが、人間としてもクズだ!

以前も書いたが、なんで須納瀬は刑事訴追されないのか?
業務上過失致死すら問えないのか?
こんなヤツが素性を隠して、未だに医療行為を行っているかと思うと
ゾッとする。

身近にいないことを祈る。

過去記事
 「群馬大学病院の殺人医師は須納瀬豊!