民主党ってのは本当に無責任政党だ。
岡田代表は党内の意見を集約できず、訳の分からない発言を連発して
いる。沖縄普天間基地の辺野古移設を巡って、「賛成」なんだけど政府
批判はしたいので、手法について「反対」と言ったり、政府に対案を出せ
と言ったり(苦笑)。
(「民主党・岡田代表は何を言いたいのか???」参照)

で、またまた10月22日の記者会見で???発言。

政府が臨時国会を召集しないことを、民主党などは批判している。
まあ、それはそれで構わないけど、岡田は「憲法違反」と言っている。

現行日本国憲法では、国会議員の4分の1以上の議員の要求があれば
政府は臨時国会を召集しなければならない。しかし、その期日は規定され
ていない。つまり、要求があっても引き伸ばしが可能なのだ。

だったら、民主党は憲法改正を提起すればよい。
なのに、「憲法違反」とは何を言っている?

どうやら背景には自民党の「憲法草案」があるらしい。
自民党の党是は自主憲法制定である。そのため、既に独自の憲法草案を
発表している。

その中で、臨時国会の召集を要求された場合、政府は20日以内に召集
しなければならない、とある。
これを元に、岡田は「憲法違反」と言っているらしい。

なんとアホな。
じゃあ、自民党の憲法草案を受け入れて、憲法改正をしてから言え。
自民党が草案に基づき憲法改正を提起したら、民主党は賛成するんだな?

とても野党第一党の党首とは思えない発言の連発である。
こんなヤツが党首をやっている政党が、政権を担えるはずもない。そんな
ことは小学生にも分かる。
岡田や民主党はその程度のレベルだと言うこと。