安保法制の審議が大詰めを迎えていた9月15日の産経新聞に、世論
調査の結果が載った。

その内容(概略)は、
安保法制反対デモに参加したことがある 3.4%。
デモへの参加者の支持政党・共産党41.1%、社民党14.7%、
民主党11.7%、生活の党と(後略)5.8%。
つまり、「一般の市民」が参加しているのではなく「特定政党の支持者」
が参加しているというもの。

これは大多数の普通の日本人が感じていたことだが、数字として出さ
れることで、すごく納得したものだ。

ところで、これを受けて毎日新聞が発◯してしまった(笑)。
「安保法制反対」を紙面の軸とし、反対デモには「一般市民が多数参加」
としてきた毎日新聞。

毎日新聞は9月17日、世論調査室長・平田祟浩の
「安保法制反対デモの評価を歪めるな」というWEB版記事で反論した。
「デモに参加しているのはたった3.4%に過ぎないと言いたいのだろう」
「1000人の調査で3.4%なら、1億人なら340万人だ。これは大変な
数字だ」
「1000人程度の調査なら3~4%程度の誤差は出る」
「3.4%という小さな数字を根拠にデモの参加者はごく少数の人たちと
いうイメージを強引に導き出している」

最後には
「世論調査の社会的な役割とはほど遠い『扇動記事!』」ときた。

なんなんだ、この支離滅裂っぷりは。
「たった3.4%」「3.4%という小さな数字」と言ったかと思えば、
「3.4%は大変な数字」と言ったり。あげくには「3~4%は誤差だ」と
言う。何が言いたいのか???
こんな矛盾したことを1つの記事の中で堂々と主張する。
これを支離滅裂と言わずなにを言う。もう笑うしかない。

毎日新聞も毎月世論調査を行っている。
毎日新聞の理屈で言えば、1000人程度の世論調査では3~4%の
誤差が出るのだから、少なくとも5%以上の数字しか扱えないはずだ。
しかし、7月の調査では「安倍内閣の不支持上回る」という見出し。
見ると、支持率42%、不支持率43%。

1%差は「たった」なのか「大変な数字」なのか?それとも「誤差」なのか?
こういう反安倍内閣ネタでは、1%は「大変な数字」らしい。
だから見出しに取り、大きく報道する。

9月の調査では、安倍内閣の支持率が8月と比較して3%上昇している
が、これは記事を詳細に読まないと分からなくなっている。

この3%は「たった」なのか「大変な数字」なのか?それとも「誤差」なのか?
こういう安倍内閣の良いネタは「たった」であり「誤差」らしい。
だから見出しにも取らない。

こんなことをやっている毎日新聞が、他紙の世論調査記事に対して、
論評すること自体が間違っている。
しかも産経新聞の調査を「扇動記事!」とまで書いたのだから、もっと
ましな言い分があるかと思ったら、この程度である。
なんとレベルの低い新聞なのか・・・。