奈良教育大教授・越野和之が学内のメールシステムを使って、全学生と
教職員に安保法案反対の署名集めをしていたことが分かった。

奈良教育大と言えば国立大。なぜ、こいういうバカで非常識なヤツが
国立大にいるのか? まったく理解できない。

越野がどんな思想を持っていようが構わない。こんなヤツにも思想・信条の
自由があるから。でも、その個人的な思想のために公的な学内のメール
システムを使うことは許されない。

そう言えば福岡教育大にも、講義中に安保法案反対デモの映像を見せ、
「戦争法案絶対反対」とか「安倍は辞めろ」とか、シュプレヒコールを
あげさせていたバカな准教授がいた。
(「福岡教大准教授が講義で『安倍辞めろ!』」参照)

またつい先日も、新潟県教職委のバカ教師が非常識なことをやっていた。
(「教職員の非常識に呆れるばかり」参照)

非常識な教職員連中の特徴として、「公」と「私」の区別が分かってない
ことがある。
国立・県立などの教授・教員という公的な立場と、自分の考えという私的な
ものは、使い分けないといけない。なんで、こんな基本的なことが理解でき
ないのか?

安保法案反対の署名を集めたければ、個人的にやればいい。学外で、
しかも私的な立場で。

本当に教育関係の左翼連中の非常識には呆ればかりだ。

しかしこんな非常識ヤツに、奈良教育大は口頭注意のみで済ませてしま
った。なぁ~んと「事なかれ主義」的な対応。後々騒がれても困るとでも
考えたんだろうけど、こういう対応が非常識な教職員連中をつけ上がら
せるんだ!