STAP細胞捏造「疑惑」で世間を騒がせた小保方晴子女史。
最近はもうワイドショーのネタにもならないくらいで、すっかり過去の人。
「すちゃっぷちゃいぼーは、ありまちゅ!」っていうオボちゃんの声が
懐かしく感じる。

そんなオボちゃん、理研の大甘対応で逃げ得状態。理研は税金が大量に
投入されている研究機関なのに・・・。

STAP細胞の研究費用は約3500万円。不正疑惑の発覚後の再現
実験費用が約8400万円。それ以外にも、研究室の模様替えにも
多額の費用が使われている。

オボちゃんの自己顕示欲を満たすためだけに使ったもんだなぁ~。
にもかかわらず、現時点でオボちゃんに請求されているのは、論文投稿
費用の約60万円のみ。

オボちゃん、7月になってやっとこの60万円払った。
それまで、ず~っととぼけていた。

こんなオボちゃん、現在誰とも連絡が取れないという。
どうやらオボちゃん、海外に逃げてしまっているようだ。
かつての師・バカンティ教授のもとに行っているのではとの噂。

STAP細胞騒ぎもES細胞の混入ということで、一件落着みたいになって
いるが、じゃあ誰がES細胞を混入させたんだ? とかはまったく手つかず。
理研も調査する気がなさそうだし・・・。

理研は税金が投入されている機関だということを考えれば、この玉虫色の
決着(?)は、どうにも納得がいかない。

まあ、巷間言われていることは、若山教授が理研から山梨大に移る時の
引越しのドサクサに紛れ、オボちゃんがES細胞を持ち出したということ
だけどね。
また、オボちゃんがこのES細胞を破棄する直前に、理研の有志がそれを
阻止したと言われている。

別にオボちゃんを吊し上げろ! なんて言う気はないが、ちょっとねぇ。
オボちゃんも雲隠れしてないで、自分のやったことを素直に話して、次に
進んだ方がいいと思うけどね。
それとも、また何か起死回生の策でも練ってるのかな??