自分の思想信条のためには、災害で被災した方々の救助に関しても
自衛隊を批判するクズ野郎がいる。
そいつはTBS契約特派員・浅井久仁臣。

浅井はツイッターで
「災害救助に大活躍の自衛隊だが、本来なら専門性から言っても消防に
その場は譲るべきだ。最近は、消防を差し置いて、自衛隊が話題になる
救援現場で『活躍』することが多い」
と、嫌味、皮肉まじにツイートしている。

なんとまあ、非常識なことか。

TV映像で観ても、あの悲惨な現場が消防だけで何とかなるものでは
ないことは、素人でも分かること。
どんな場面でも、自衛隊が活躍することが許せないんだろうが、それで
被害者が増えても仕方ないとでも考えているのか?
本当に、消防だけであれだけの方々を救助できたと考えているのか?

自衛隊が自分で出て行ったと言いたいようだが、自衛隊にそんな権限は
ない。出動要請があって初めて自衛隊は出動できるのだ。
当然、今回は茨城県知事からの災害出動要請があったからだ。

行政が住民の生命・安全を守るための出動要請だ。当然のこと。
とにかく自衛隊を批判したいがための批判でしかなく、被害に遭われた
住民の方々のことなど、どうでもいいようだ。
こういうのを人間のクズ! と言う。

その後も、消防は専門性があるからと、言い訳のような開き直りのような
ツイートを連発しているが、根っこは自衛隊批判でしかない。

浅井が自衛隊を認めていなかろうと嫌いだろうと、そんなことはどうでも
いい。重要なのは被災された方々を、緊急に救助する必要があったと
言うことだ。それを自衛隊、消防、警察などの関係部署が、それぞれに
対応したということ。

こいつは何か勘違いをしているヤツで、過去もツイートに反論されたら
「私に説教するのは◯◯年早いのでは?」と言ってるようなヤツだ。
まあ、TBSが契約しているようなヤツと言えば、だいたい想像がつく。
その昔はテレ朝と契約していたと言うから、クズの代表みたいなもんだ。

かつて阪神淡路大震災時に、自衛隊を出したくなくて被害を拡大させた
バカな首相がいた。そいつと同レベルだな。