パクリエンブレム
2020年の東京五輪エンブレムのデザインが、モロパクリで白紙撤回
されたことは当然である。
デザイナーの佐野研二郎の過去の作品も、ネットユーザによって次から
次にパクリが暴かれ、佐野のパクリ体質が浮かび上がっている。

佐野はエンブレムに関してパクリを認めていないが、ある意味これは
デザイン業界の体質を表しているとも言える。
どういうことかというと、この程度のことはデザイン業界ではパクリとは
言わないということ。

今回の件で、デザイン業界から佐野を批判する声は一切聞かない。
逆に佐野を擁護している連中ばかりである。そして、そういうデザイナーに
限ってパクリを暴かれている。森本千絵がその典型。
「この程度のことはみんなやってることだ」 これが業界の本音であり体質。

エンブレム選考委員長がいみじくも言っていた。
「私らからみれば何ら問題はないが、国民には受け入れられなかった」
これがデザイン業界のすべてを物語っている。

オレはデザイナーというのはクリエーターだと思っていた。しかし実態は
違っているようだ。ネットやピンタレストなどから基本デザインをパクって、
後で言い訳できる程度にアレンジするだけ。ただのアレンジャーでしか
ない。素人(一般人)のブログからもパクっていることには呆れるが。

狭い業界で賞を持ち回りで受賞し、みんなで格を上げていくという馴れ
合い。今回は佐野が受賞する(選ばれる)番だっただけのこと。
違うデザイナーの作品が選ばれても、きっと同様のことが起こったのでは
ないか?

最後に、佐野の一連の対応が、より一層デザイン業界の異常さを醸し
出してしまった。言い訳に終始したあげく開き直り、最後は被害者ズラ
して「法的措置をとるぞ!」ときた。

あれっ、どこかで似たような対応している「捏造記者」がいたなぁと笑って
しまったのはオレだけか?