7月27日に民主党の岡田代表が「JR東労組」で講演を行った。
JR東労組は、言わずと知れた革マル派が支配している、見かけ上の
労組である。

その証拠に、民主党の鳩山政権下でさえ
「革マル派活動家が相当浸透している」とする答弁書を閣議決定している
ほどである。つまり、政府も認める極左暴力集団である。

そんなことろで野党第一党の党首が講演を行うということが、どういうこと
なのかは、岡田自身がよく分かっていることと思う。

民主党は幹事長の枝野も、衆議院選時にJR東労組と政策協定を結んだ
り、献金を受けていたほどの「仲」である。

代表と幹事長という党のNo1とNo2が、極左暴力集団との密接な関係を
隠さなくなってきた。こんな政党が野党第一党であるという現実。

ちなみに、来年夏の参議院選には、JR東労組も加入するJR総連から
組織内候補として田城郁(かおる)(現職)というヤツが立候補する。
田城はJR東労組出身だ!!
(既に民主党から公認されている)

極左暴力集団と繋がる民主党。
極左暴力集団から推されて立候補する候補者。
こんな政党は徹底的に叩き潰すしかない!