安倍首相談話に関して、何の反省もしていない朝日新聞が自分のことは
棚に上げて好き勝手言ってることを書いた。
(「朝日新聞の安倍談話評がクズすぎて笑った」参照)

それに関連して、安倍首相の
「私たちの子や孫に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」
との言葉に、
「これは被害を受けた方が、もう謝罪は良いですよという感じで言うべき
言葉であり、日本がこの談話で強調するはおかしい」
という論調がある。

朝日新聞も言外に言っている。
確かに、一般論としてはそうかもしれない。しかし、その一般論が通用
しない相手だから困っているのだ。

日本はずぅ~っと謝ってきた。これだけは事実である。
韓国から、「これを言ってくれれば、もう終わりにする」みたいな政治的な
駆け引きを信用し、何度も何度も謝ってきた。
しかし、その都度韓国はゴール位置を変更する「ムービングゴール」で
日本の誠意を裏切ってきた。

つまり、韓国は終わりにする気がないのである。
なぜか? 反日以外に国をまとめるアイデンティティがないからである。
誇れる歴史も文化遺産もない韓国は、反日のみが国民をまとめる命綱に
なっている。

自ら何にもないことを認めているのが「ウリジナル」。
他国の歴史から文化遺産、現代カルチャーまで、いつの間にか韓国が
発祥になっている(笑)。

さらには、世界四大文明の元になった文明は朝鮮半島で興ったなどと
子どもに教えているくらいだから。なので韓国5000年の歴史と朴は
言ってるのである。
*四大河文明自体の歴史的な評価は様々あり、否定的な考えもある。

そんな韓国に、このままズルズル付き合わないといけないのか? という
感情を持っている日本人は多い。どこかで区切りをつける必要があるのは
言うまでもない。それを安倍首相は言っただけである。

よく、ドイツが近隣諸国と和解していることを引き合いに、日本は謝罪が
足りないと言う人がいる。朝日新聞もそうだ。
話はそれるが、朝日新聞・西村陽一がメルケル独首相に玉砕した件は
笑ってしまった。
(「朝日新聞・西村陽一がメルケルに玉砕!」参照)

話を戻すと、なぜドイツがフランスと和解できたかというと、フランスが
許したからである。それ以外にない。
一方、韓国は絶対に日本を許さない。それは謝罪が不十分だとか、そう
いうレベルの問題ではなく、反日が韓国の国是だからである。

最初に書いたように、韓国から反日をとったら何もなくなるからである。
そんなリスクを韓国の政治家がおかすわけはないし、反日教育で洗脳
されている韓国国民も許さないだろう。

つまり、韓国は日本が謝罪しても謝罪しても絶対に許さない。その都度
ゴール位置を変えて、次からつぎへ無理な要求をしてくるのは明らか。
韓国など、ほっとけば勝手に干上がるだけなんだから。

ちなみに、日本は韓国から許すだ許さないだなんて言われる筋合いは
まったくない。日韓基本条約ですべて解決済みである。