2022年の冬季五輪が北京に決まった。
候補地が北京とカザフスタンのアルマイトの2都市しかなく、どちらを
選んでもいろいろ言われることになるので、国を挙げて確実に開催
できる北京を選んだということだろう。

北京はほとんど雪が降らないので、ほぼ人工雪の大会になるみたい
だけど、そんな冬の大会は視たくないのが本音だけどね。
まあ中国のことだから、国の威信をかけてやるだろう。

で、タイトルにある「IOC(国際オリンピック委員会)は腐っている」と
いうのは、北京を選んだからではない。
選考途中で離脱していったオスロ(ノルウェー)がIOCの委員連中が
懲りてない証拠を暴露したからだ。

IOCがオスロに突き付けた要求は
①王宮か五輪組織委員会が費用を負担するカクテルパーティーを開催
 すること
②道路にIOCメンバー用の専用レーンを設けること
③五輪組織委員長とホテル支配人の「歓迎の言葉」をIOCメンバーの
 部屋に季節の果物とともに置くこと

IOCメンバーがオスロを視察に行った時の対応要求だ。
相変わらずこんなことをやらせようとしていたのか? 勘違いも甚だしい。

IOCの汚職と言えば、2002年のソルトレイクシティ―招致に関する
買収スキャンダルが有名だ。その後、改革したと言いながら2012年
ロンドン招致時も、エージェントが買収行為を工作していたと言われて
いる。

それにも関わらず、パーティを開けだ、渋滞に巻き込まれないよう専用
レーンを作れだ、歓待しろだ、好き勝手やってる実態が明らかになった。
ある意味、自分たちを特権階級だと自負し、尽くされるのが当たり前だと
勘違いしている連中の集まり。

2020年東京五輪招致費用約70億円(1ドル90円の時代)のうち
どれくらいがIOC委員個人へ流れたんだろう。

個人的に東京五輪の開催には賛成だし、新規施設の建造などでの
支出により経済が活性化する面も肯定しているが、IOC委員が懐を
潤していることがあるなら、それは徹底的に追及すべきだと思う。