慰安婦捏造の植村隆が産経新聞のインタビューを受けた。
散々逃げ回ったあげくのことだ。相変わらず、責任逃れと言い訳に終始。
さらには「私は被害者だ!!」的な態度で、事実向き合おうという意思は
ないようだ。つくづく人間のクズだ。

金学順の記事を書いたとき、ソースは挺対協から聞かされたテープ1本
のみで、自ら取材も何もしないで「女子挺身隊として戦場に連行された」と
書いたんだから、新聞記者失格である。

まあ、もともと義母と結託して「捏造」するつもりだったんだから、取材の
必要もないけどね。

ところで、朝日新聞は昨年の12月に第三者委員会からの指摘を受け、
植村の記事に対して「この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実は
ありません」と過去記事のデータベース上に「おことわり」を付けている。

また、「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」とした部分は誤りとして、
おわびして訂正します、言っている。
これに対して、植村は印象ではなく「強制連行」と書いたメディアもある。
だから捏造ではないと、独自のロジックを展開している。

確かに、後追いしたメディアも取材不足であったことは否定できないが、
それは植村の記事があってのこと。
他のメディアの事例から、植村が捏造していない証拠にはまったくなら
ない。

植村は自分を被害者に仕立てあげ、逃げおおせると思ってるんだろうな。
日本国民も舐められたもんだ。
こんなヤツの逃げ得を決して許してはならない!